文章表現教室フォリウム サービス利用規約

 

文章表現教室フォリウム(以下「当教室」といいます)は、サービスの提供に関し、以下の通りサービス利用規約(以下「本規約」といいます)を定めるものとします。

 

第1条(受講生・会員)

 ⒈ 「受講生」とは、当教室の講座を実際に受講する生徒をいいます。

 ⒉ 「会員」とは、受講生、及び受講生の保護者をいいます。

第2条(本規約の適用範囲)

 本規約は、特段の定めのない限り、すべての会員に対して適用されるものとします。

第3条(本規約の変更)

 ⒈ 当教室は、以下の場合に会員に事前の承諾を得ることなく本規約の変更ができるものとします。

   一 利用規約の変更が、ユーザーの一般の利益に適合するとき。

   二 利用規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性、変更の内容その他の変更に係る事情に照らして合理的なものであるとき。

 ⒉ 当社は前項による利用規約の変更にあたり、事前に利用規約を変更する旨及び変更後の利用規約の内容とその効力発生日を、当教室のウェブサイトに掲載する方法その他当教室が適当と判断する方法により、会員に告知するものとします。

 ⒊ 会員は、変更後の利用規約の効力発生日以降に本サービスを利用したときは、利用規約の変更に同意したものとみなします。

第4条(契約の成立)

 ⒈ 受講を希望する生徒及び保護者は、本規約のすべてに同意の上、当教室所定の手続きに従い受講の申込みを行うものとします。 

 ⒉ 前項の申込みに対し、当教室が承諾の通知を行うことで契約が成立し、会員となるものとします。

 ⒊ 当教室は、受講の申込みをした方が以下の各号のいずれかに該当する場合は、当該申込みを承諾しない場合があります。また、承諾後であっても承諾を取り消し、契約を解除する場合があります。

  一 申込み内容に虚偽、記入漏れ又は誤記があった場合。

  二 受講料の支払いを怠っている場合。

  三 過去に本規約違反等により会員資格が取り消されたことがある場合。

  四 その他、当教室が会員として不適当と判断した場合。

第5条(受講料の支払等)

 ⒈ 前条の効力発生と同時に、会員は、当教室が定めた決済方法により、受講料の支払い義務を負います。なお、振込手数料は会員において負担するものとします。

 ⒉ 当教室は、会員が受講料を支払うまで、サービスの提供を留保することができます。

 ⒊ オンライン授業の受講等に必要となる通信機器、インターネット接続料金、通信料金その他の通信に関する費用は会員の負担となります。

第6条(届出事項の変更)

 ⒈ 会員は、氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス等の当教室への届出内容に変更が生じた場合は、当教室所定の方式に基づき、直ちに当教室に対し変更の届出をするものとします。

 ⒉ 会員が前項の届出を怠ったことで損害を被ったとしても、当教室は会員に対し何らの責任も負いません。

第7条(受講生番号の管理)

 ⒈ 会員は、当教室が発行した受講生番号を自ら適切に管理する責任を負います。

 ⒉ 受講生番号の管理不十分、使用上の過誤、第三者の不正使用等によって生じた損害に関する責任は会員が負うものとし、当教室は一切の責任を負わないものとします。

 ⒊ 会員は、受講生番号を第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買等しないものとします。

 ⒋ 会員は、他の会員の受講生番号を不正に利用しないものとします。

第8条(個人情報の取扱い)

 ⒈ 会員に関して知り得た個人情報の取扱いに関しては、当教室が定めた「プライバシーポリシー」(以下「本プライバシーポリシー」といいます)によるものとし、当教室は法令及び本プライバシーポリシーを遵守いたします。

 ⒉ 会員は、当教室が本プライバシーポリシーに従って会員の個人情報を取り扱うことについて同意するものとします。


第9条(譲渡禁止)

 ⒈ 受講の権利は、受講生本人に限ることとし、当教室が定めた期間内のみ有するものとします。

 ⒉ 会員は、本規約に基づいて発生する一切の権利を第三者に譲渡し、又は担保に供することはできません。

第10条(著作権)

 当教室が本サービスに伴って会員へ提供する教材データ、オンライン授業、その他の情報については、無断で複製、録画、録音、譲渡、頒布等を行うことを禁じます。
 

第11条(文章表現コース)

 ⒈ 文章表現コースのオンライン授業を受講生が欠席した場合、授業の振替はできませんが、課題作品の提出は受け付けます。

 ⒉ 文章表現コースの作品の提出が予め定められた期限に遅れた場合、当該作品の該当するターム終了月の翌月末日までに当教室に到着した作品は添削を行い、返却致します。

 ⒊ 文章表現コースに設けられている「ターム」の途中からの受講も可能です。各タームの受付期限以降の申込みについては、申込み日以降の、当教室が指定する回からの受講開始となります。受講料については、1タームの受講料を授業回数(5回)で割った金額を1回分の受講料とし、これに受講回数を乗じた額をお支払いただきます。

 

第12条(中学受験コース)

 中学受験コースのオンライン授業を受講生がやむを得ない事情により欠席する場合、受講日当日の正午までに当教室へ欠席の連絡をすることで、授業の振替をすることができます。正午以降授業開始前までの連絡の場合、原則として授業の振替はできません。無断欠席の場合は、授業の振替及び返金を行いません。

第13条(授業の変更及び中止)

 当教室が開催するオンライン授業及びワークショップについて、当教室において緊急を要する事態が発生した場合など止むを得ない事情により、開催条件を変更又は中止することがあります。

第14条(禁止事項)

 ⒈ 当教室は、会員が次に掲げる事項に該当する場合、催告の手続を要することなく直ちに当該会員に対する本サービスの提供を停止し、契約を解除又は解約することができるものとします。

   一 会員が自ら又は第三者をして当教室の業務を妨害し、又は、妨害する恐れのある行為をした場合。

   二 会員が自ら又は第三者をして当教室の名誉や信用等を毀損し、又は、毀損する恐れのある行為をした場合。

   三 その他当教室が会員の本サービスの利用について不適当と判断した場合。

 ⒉ 前項に基づく本サービスの提供停止により会員が被った損害について、当教室は一切の責任を負わないものとします。
 

第15条(受講料の返金等)

 前条1項に基づく契約の解除又は解約、及び会員の都合による期間途中での退会の場合、既に支払われた受講料は原則として返金いたしません。また、未払いの受講料があるときは、会員は、直ちにその全額を支払うものとします。

第16条(損害賠償請求権)

 会員が本規約に違反し、その他会員の責めに帰すべき事由により当教室に損害を与えた場合、当教室は、会員に損害賠償請求をすることができます。

第17条(会員の損害賠償請求権)

 当教室の故意又は重過失により会員が損害を被ったときは、当教室は当教室の行為から直接生じた損害の実額を限度として賠償することがあります。

第18条(不可抗力による免責)

 自然災害、停電、通信システムの障害その他の不可抗力や第三者の故意など、当教室の責任によらない事由に起因してサービスの提供が不能又は遅滞した場合は、当教室は一切その責任を負いません。

第19条(サービスの中止、停止及び廃止)

 ⒈ 当教室は、いつでも本サービスの全部又は一部を中止、停止又は廃止することができるものとします。

 ⒉ 前項の場合、緊急を要する場合を除き、事前に当教室のウェブサイト上に表示するなど、当教室が適当と判断する方法によって会員に通知します。

第20条(準拠法)

 本規約に関する準拠法は、日本法とします。

第21条(管轄裁判所)

 本規約に関して当教室と会員との間に紛争が生じた場合は、神戸地方裁判所又は神戸簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

附則

 2019年3月3日 施行